大仙・田沢湖・角館地域

秋田駒ヶ岳、花の路を行く

地域:大仙・田沢湖・角館地域

秋田駒ヶ岳は、全国に花の名山として知られ、天然記念物として「秋田駒ヶ岳高山植物帯」に指定されている。
出発地点の八合目駐車場から主峰男女岳の山腹を巻くように登って行く。30分ほど歩くと、眼下に田沢湖が一望できるようになり、この辺から見渡す限り花の 群落が続く。さらに30分ほどで山上のオアシス阿弥陀池に到着する。目の前の男女岳へはもうひと頑張り。山頂からは八幡平や岩手山など、東北の山々を一望 できる。ここから引き返してもよいが、少し欲張って、火口原の花の谷(馬場の小路)に寄ってみたい。チングルマの群生地を過ぎてから、左手の山肌が茶色を 帯びてくる辺りに、コマクサが紅色の顔をのぞかせている。花の谷に別れをつげ、やがて大焼砂という砂礫の尾根に出て左に横岳を目指す。さらに小焼砂(焼 森)を過ぎると乳頭山への縦走コースとの分岐点。左側へ下ってゆくとまもなく彼方に八合目駐車場が見えてくる。

 

駒ヶ岳八合目・周遊コース

【参考タイム:約4時間10分】
駒ヶ岳八合目駐車場→約60分→阿弥陀池→約15分→男女岳→約30分→男岳→約30分→花の谷(馬場の小路)→約50分→横岳→約15分→小焼砂(焼森)分岐→約50分→八合目駐車場

周辺のおすすめスポット

八合目駐車場までの交通

東北自動車道盛岡ICから車で約110分。
八幡平から国道341号を車で約150分。
秋田空港から国道46号を車で約150分。
※「アルパこまくさ」から8合目駐車場までの道路は6月~10月の土日祝日(6月中旬~8月中旬は毎日)の期間、マイカー規制が行われているので事前に確認を。(規制実施日には、代替バスを運行)

お問い合わせ

  • 田沢湖観光情報センターフォレイク TEL.0187-43-2111

抱返りの渓谷美に酔う

地域:大仙・田沢湖・角館地域

樹木の彩りと奇岩怪石を縫って流れるコバルトブルーの水面の対比は素晴らしく、特に新緑や紅葉の季節となると際だった渓谷美を見せてくれる。
渓谷散策の出発点は、神代発電所側を通り「神の岩橋」の少し下流にある抱返り神社か、あるいは橋の対岸にある駐車場からとなる。杉の大樹に囲まれた抱返り神社は、古くから「水波能売神(ミズハノメノカミ)」という水神が祀られている。
赤い吊り橋(神の岩橋)を渡るとき、下流の川の中に松の生えた「巫女石」という大きな岩が見られ、美しい点景となっている。渓谷遊歩道は吊り橋の左岸から 始まる。アスナロヒノキやトチノキ、サワグルミなどの樹林の下、色々な野草を眺めながら遊歩道を進むと回顧の滝までは30分ほどの距離。ただ回顧の滝から 少し先の地蔵尊(飯村少年殉難碑)から上流は、道が荒れ危険なため現在、通行禁止となっている。

 

抱返り渓谷散策コース

【参考タイム:往復約1時間】
角館駅→車で約15分→抱返神社→約30分→回顧の滝
「飯村少年殉難碑~夏瀬ダム」まで通行止め。
詳しくは下記へお問い合わせください。

周辺のおすすめスポット

抱返り神社までの交通

JR神代駅から、車で約5分。
JR角館駅から、車で約15分。
JR角館駅から定期バスで26分(紅葉の時期限定)。
秋田自動車道大曲I.Cから車で約40分。

お問い合わせ

  • 角館町観光協会 TEL.0187-54-2700
  • 田沢湖観光情報センターフォレイク TEL.0187-43-2111

イベント検索
イベント情報検索
期間を選択
から
まで
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒
観光情報検索
観光情報検索
ジャンルを選択
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒