• Home
  • 観光情報
  • 絹本著色不忍池図(小田野 直武筆) 1面

絹本著色不忍池図(小田野 直武筆) 1面

 
種類・内容 秋田藩士の小田野直武は、、オランダ系洋風画の伝授を受け、これが秋田洋画の濫觴【らんしよう】で、その後直武の指導のもとに、秋田藩主佐竹義敦(曙山)と角館所預佐竹義躬へとその技法は広まりました。    直接西洋画の技法を学んだものではなく、主として蘭書の挿絵によったため、銅版画の技法を学んだ細かいタッチが多いです。          直武江戸在勤中の不忍池の実景をもとに、近景に草花を大写し、遠近感を強調している点に特色があり、舶来の顔料による豊麗な彩色とともに、早逝した直武画の代表作です。・重要文化財
指定年月日 昭和43.4.25
所在地 秋田県横手市赤坂字富ヶ沢62-46
管理責任者または所有者 県立近代美術館
関連URL http://www.rnac.ne.jp/~akitamma/

周辺の宿泊施設

周辺の観光情報

イベント検索
イベント情報検索
期間を選択
から
まで
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒
観光情報検索
観光情報検索
ジャンルを選択
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒