小豆沢のオジナオバナ

イベント期間:2018年03月24日
鹿角市

オジナオバナは、春の彼岸に先祖の霊を迎え送り、慰める行事です。
「小豆沢のオジナオバナ」は八幡平小豆沢地区に伝わる伝統行事で、江戸時代から行われていると考えられます。
春の終り彼岸の日(春分の日から3日後)、五ノ宮嶽への中腹に鎮座する薬師神社から南西方向に伸びる峰づたいに、平年は12か所、閏年は13か所に火を灯します。
上の方から陰暦で1月、2月と数え、その月の火の燃え方で天候の善し悪しや作物の豊凶を占います。
この火の燃える間、「オ爺ナ、オ婆ナ、明かりの宵に、だんご背負って、行っとらえ、行っとらえ」と唱えて先祖の霊を送ります。

●開催日  平成30年3月24日(彼岸明け)

 

開催場所 鹿角市八幡平小豆沢地区
関連ページ http://www.city.kazuno.akita.jp/maturi/65.html
交通 東北自動車道鹿角八幡平ICより車で約5分
お問い合わせ 鹿角市役所産業活力課 観光交流班
TEL:0186-30-0248
イベント検索
イベント情報検索
期間を選択
から
まで
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒
観光情報検索
観光情報検索
ジャンルを選択
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒